立民、5月連休前に参院選候補擁立 選対初会合開催

立憲民主党は9日、総合選挙対策本部(本部長・泉健太代表)の初会合を開き、夏の参院選に向け、候補者の擁立作業を加速化する方針を確認した。会合後、大西健介選対委員長は、選挙区の候補者擁立を5月の大型連休前に一定程度、区切りを付けたいとの考えを記者団に示した。

会合では逢坂誠二代表代行や小川淳也政調会長をメンバーに加え、公約作成や広報体制を強化することも申し合わせた。

会員限定記事会員サービス詳細