ウクライナ避難民受け入れ方針を表明 滋賀・三日月知事

滋賀県庁=大津市
滋賀県庁=大津市

滋賀県の三日月大造知事は9日、ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり、ウクライナからの避難者を県内で受け入れる意向を明らかにした。同県彦根市の県有施設「ミシガン州立大学連合日本センター」や、公営住宅などでの受け入れを検討しているという。

滋賀県によると、昨年末時点での県内のウクライナ国籍の住民は4人。受け入れは4人の親族や知り合いに加え、県との所縁がない避難民も受け入れるとしている。

三日月氏はロシアのウクライナ侵攻について「政府と連携してあらゆるご希望に応え、(避難民の)居場所の確保に努める」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細