ウクライナ「降伏せず」 ゼレンスキー大統領が演説、チャーチルを想起

オンラインを通じて英下院で演説するウクライナのゼレンスキー大統領=8日、ロンドン(英議会提供・AP)
オンラインを通じて英下院で演説するウクライナのゼレンスキー大統領=8日、ロンドン(英議会提供・AP)

「われわれは降伏せず、負けない。海や空などいかなる場所でも最後まで戦う」。ロシアの軍事侵攻を受けているウクライナのゼレンスキー大統領は8日、オンラインを通じて英下院で演説し、支援を求めた。ナチス・ドイツとの戦争を勝利に導いた英国の名宰相チャーチルの議会演説を想起させながら、徹底抗戦の姿勢を力説した。

ウクライナ語で演説したゼレンスキー氏は、英国が生んだ劇作家シェークスピアの「ハムレット」の有名な一節も引用。ロシアへの制裁による圧力を強めるよう求め「空の安全を確保してほしい」と、ウクライナ上空に飛行禁止区域の設定を改めて訴えた。

大型モニターを通じた演説前には、議場を埋めたジョンソン首相ら議員からスタンディングオベーションで迎えられた。

チャーチルは1940年の議会演説で、海岸などいかなる場所でも戦い「決して降伏しない」などとヒトラー打倒を誓った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細