1~3月期はマイナス転落も 3年10~12月期GDP下方修正

内閣府の入るビル=東京・千代田区(桐原正道撮影)
内閣府の入るビル=東京・千代田区(桐原正道撮影)

内閣府が9日発表した令和3年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除く実質で前期比1・1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で4・6%増だった。新型コロナウイルスの変異株オミクロン株の影響で、年末にかけて個人消費や設備投資などの下振れし、速報値(前期比年率5・4%増)から0・8ポイント下方修正された。

GDPの約半分を占める個人消費が、速報値段階の前期比2・7%増から2・4%増に下方修正された。速報値発表後に公表された統計で、昨年12月の外食や鉄道などサービス分野の消費が弱い動きだったことが響いた。10~12月期は新型コロナの新規感染者数自体は下火だったが、11月30日に国内で初めて感染が確認されたオミクロン株を警戒し、忘年会需要や年末年始の帰省などが想定よりも伸び悩んだとみられる。

設備投資は前期比0・4%増から0・3%増に下方修正された。ソフトウエア関連の投資が速報値の推計よりも振るわなかったことが響いた。

同時に発表された3年の暦年の実質GDPは前年比1・6%増となり、こちらも速報値の1・7%増から下方修正された。

一方、4年1~3月期はオミクロン株の感染拡大に伴う蔓延防止等重点措置の適用で個人消費が低迷した上、ロシアのウクライナ侵攻を受けた原油価格の高騰が景気に打撃を与えている。大和証券の末広徹シニアエコノミストは「1~3月期はマイナス成長になる可能性が高い。ウクライナ危機の影響が残り、4~6月期の回復も小幅にとどまるだろう」と指摘する。(永田岳彦)

会員限定記事会員サービス詳細