商店街に舞う100万枚の「桜吹雪」 西武園ゆうえんち

桜の花びらに見立てた約100万枚の紙吹雪が舞うパフォーマンスショー=8日午後、埼玉県所沢市の西武園ゆうえんち(兼松康撮影)
桜の花びらに見立てた約100万枚の紙吹雪が舞うパフォーマンスショー=8日午後、埼玉県所沢市の西武園ゆうえんち(兼松康撮影)

西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)は8日、毎日開催している人気のパフォーマンスショー「ブギウギ祭」で、桜の花びらに見立てた約100万枚の紙吹雪が舞う演出を始めた。13日までの期間限定で、各日正午からのショーの終盤に行う。

ショーは昭和の商店街を再現した園内の「夕日の丘商店街」で行われており、商店街の人々にふんしたキャストたちが歌やアクロバットを披露し、観客もダンスなどに参加できる。

8日正午からのショーでは、八百屋、警察官、泥棒などの個性的な「住人」たちによるパフォーマンスのフィナーレで無数の紙吹雪が舞い散り、商店街が鮮やかな桜色に染まる光景が訪れた人たちを楽しませた。(兼松康)

会員限定記事会員サービス詳細