政府、ウクライナへ装備品提供 異例の運用指針改定

自衛隊の防弾チョッキ(防衛省提供)
自衛隊の防弾チョッキ(防衛省提供)

政府は8日、ロシア軍の侵攻を受けるウクライナに自衛隊の防衛装備品を提供するため輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の運用指針を改定した。これを受け、岸信夫防衛相は装備品の輸送を命令。同日中に航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)で防弾チョッキとヘルメットを自衛隊機に積み込み、隣国のポーランドに向け出発する。武力攻撃を受けている国への装備品提供は極めて異例。

松野博一官房長官は記者会見で「国際秩序の根幹を揺るがす行為に国際社会と結束して毅然(きぜん)と行動することは、わが国の安全保障の観点からも極めて重要だ。今後もウクライナに、できる限りの支援を行う」と強調した。

政府はウクライナ政府から要請のあった防弾チョッキ、ヘルメット、防寒服、天幕、カメラ、衛生資材、非常用糧食、発電機などを提供可能かどうか検討。従来の「防衛装備移転三原則」の運用指針では平時の防衛協力を前提とした項目に限られ、武力攻撃を受けている国への支援に該当する項目がなかった。

しかし、迅速に支援する必要があるため、自衛隊法の規定に基づき非殺傷の防衛装備品に限り、現在のウクライナへの提供に限定して可能とする項目を運用指針に追加。持ち回りの国家安全保障会議(NSC)会合で決定した。

会員限定記事会員サービス詳細