沖縄復帰50年式典2会場で 東京と同時、両陛下オンラインでご出席

閣議に臨む岸田文雄首相ら=8日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
閣議に臨む岸田文雄首相ら=8日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

政府は8日、沖縄の日本復帰50年に合わせた記念式典を、東京と沖縄の2会場で5月15日に同時開催すると閣議で了解した。式典は政府と沖縄県の共催で、天皇、皇后両陛下がオンラインで出席され、岸田文雄首相は沖縄会場に出席する。松野博一官房長官が記者会見で明らかにした。知事選など重要選挙が続く「選挙イヤー」の事情も考慮し、沖縄重視の姿勢をアピールしたい考えだ。

松野氏を本部長とする記念式典実施本部を8日付で設置。東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪と宜野湾市の沖縄コンベンションセンターの2会場をオンラインでつなぐ。式典を同時に開催するのは、復帰当日の1972年5月15日以来となる。 松野氏は式典について「重要な節目に国民全体で復帰の歴史的意義を思い起こし、沖縄の一層の発展を祈念することは重要だ」と意義を強調した。

沖縄県や与党は、復帰から半世紀の節目を考慮し、沖縄だけでなく東京でも開くべきだと求めていた。

会員限定記事会員サービス詳細