山形市で反戦デモ ウクライナ侵攻

ロシアのウクライナ侵攻に抗議し、市民ら約80人が戦争反対の横断幕をもってデモした=8日、山形市香澄町(柏崎幸三撮影)
ロシアのウクライナ侵攻に抗議し、市民ら約80人が戦争反対の横断幕をもってデモした=8日、山形市香澄町(柏崎幸三撮影)

ロシアのウクライナ侵攻に対する抗議デモが8日、山形市であった。市民ら約80人が参加し、「戦争反対 ウクライナに平和を!」などと書かれた横断幕を掲げ、約1時間にわたり市内をデモ行進した。

山形県平和センターの呼びかけで会員制交流サイト(SNS)などで開催を知った学生や社会人が参加。日本語と英語で「ウクライナへの侵略をやめろ」「ウクライナに平和を」などと訴え、行進した。

山形県教組の鹿間知歩さん(46)は「ニュースやSNSでウクライナの状況を知り、ロシアを追い出すために私たちにできることは小さくても声を上げること。こうした小さな声であっても必ず届くと信じる」と話した。

呼びかけ人の1人、同センターの遠藤学議長代行(54)は「ウクライナの平和を求め、山形からも声を出していきたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細