政府、北方領土は「固有の領土」 露のウクライナ侵攻で元通りの表現に

林芳正外務相=8日午前、国会内(矢島康弘撮影)
林芳正外務相=8日午前、国会内(矢島康弘撮影)

林芳正外相は8日の参院外交防衛委員会で、北方領土について「わが国固有の領土だ」と明言した。岸田文雄首相も7日の参院予算委員会で「わが国の固有の領土、わが国が主権を有する領土だ」と述べた。安倍晋三政権以降はロシアとの北方領土交渉への影響を考慮し、首相や閣僚が「固有の領土」と発言することは控えてきたが、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて以前の表現に戻した。

外務省のホームページやパンフレットは、北方領土を「日本固有の領土」と明記している。

ロシアのプーチン大統領との親密な関係をてこに日露交渉の進展を図った安倍氏は、国会答弁などで「日本が主権を有する島々」と述べ、「固有の領土」との表現は避けてきた。菅義偉前首相や、ウクライナ侵攻が始まる以前の岸田首相も同様の対応をとっていた。

>>林外相、北方領土は「不法占拠」 ロシア侵攻で復活

会員限定記事会員サービス詳細