現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

子育てはデコボコ道

就活出遅れた発達障害の息子に訪れた転機

発達障害のある息子、リュウ太は小さい頃から車が大好き。普通科の高校ではなく、自動車整備士を目指すための専修学校に行きたいと言い出したとき、親としては、将来の選択肢は広い方がいいのではと反対する思いもありました。でも息子は「普通科の高校はつまらなさそう。1週間で辞めたくなると思う」とかたくなでした。専修学校の高等課程では、同じ趣味の仲間とマニアックな会話を楽しみ、車やバイクのレース部にも所属。小中学生のときより明るくなって、毎日楽しそうにキラキラしていました。

でもそこは息子。親の憂いはなくなりません。高等課程の後、2年間の専門課程では、整備士の試験を受けるための授業と就職活動が同時期にスタート。遊ぶ暇のないほど忙しくなるはずなのですが、息子は変わらずマイペース。周りが就活を進める中、アルバイトの後に仲間とバイクをいじりながら語り合い、朝方に帰宅しては授業を欠席。卒業まで5カ月を残して、1日でも休めば留年決定!という事態になりました。

卒業できなければ整備士試験の受験資格も得られません。追い込まれたそのとき、整備助手のアルバイトをしていた自動車販売会社の現場責任者から思わぬ言葉が。「うちの会社に就職するなら、本社に推薦するよ」。息子は急に就活に前向きになり、学校にもまじめに通いだしました。

息子はそれまで、「社会人」にネガティブなイメージを持っていたそうです。ネット上で見かけるのは、パワハラによる鬱病や過労死のニュースばかり。アルバイトは楽しいけれど、社会人になるのは怖い。一方で、同級生より就活に出遅れていることを実は焦っていたし、自分に自信が持てず、就活しても採用されないのではないかという不安もあったと。でも、働き慣れた場所で就職できるよう推薦してもらえるならと、自分にも可能性が見えたことで頑張れたようです。

ランキング

  1. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  2. 藤井五冠、全8冠制覇の試金石は棋聖戦

  3. 住民人口を過少見積もり マンホールから汚水あふれる 茨城・常陸太田

  4. 東京で新たな派生型初確認、市中感染か 新型コロナ

  5. 和田アキ子さんがコロナ感染

  6. 登下校はマスクなしで 文科省通知

  7. 【新選組外伝~木村幸比古筆】(12)怪力の島田魁 筆まめだった土方歳三の秘書

  8. 【朝晴れエッセー】新聞少女・5月25日

  9. 若年層にも広がる「帯状疱疹」 コロナ禍で増加に拍車か

  10. 藤井叡王が初防衛、タイトル戦13連勝で歴代2位タイ

会員限定記事