沖縄復帰50年の記念貨幣 首里城や琉球舞踊を図柄に

沖縄の日本復帰50年を記念した千円銀貨のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した千円銀貨のイメージ(財務省提供)

財務省は8日、沖縄の日本復帰50年を記念した、1万円金貨幣と千円銀貨幣を発行すると発表した。1万円金貨幣の表面には首里城正殿と琉球舞踊「四つ竹」の図柄をあしらい、裏面には沖縄の伝統的な染め物「紅型」をデザインした。直径26ミリで、重さは15・6グラム。

沖縄の日本復帰50年を記念した1万円金貨の表面のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した1万円金貨の表面のイメージ(財務省提供)

千円銀貨幣は赤や青など11色の彩色を施し、表面には首里城正殿と県鳥のノグチゲラ、県花のデイゴをデザイン。裏面は紅型の図柄を採用した。直径は40ミリ、重さは31・1グラム。

販売価格は1万円金貨幣が15万3500円、千円銀貨幣は1万1700円。金貨幣は2万枚、銀貨幣は5万枚発行する。造幣局が通信販売を行い、申し込みは5月15日から3週間程度受け付ける。

沖縄の日本復帰50年を記念した1万円金貨の裏面のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した1万円金貨の裏面のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した千円銀貨の表面のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した千円銀貨の表面のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した千円銀貨の裏面のイメージ(財務省提供)
沖縄の日本復帰50年を記念した千円銀貨の裏面のイメージ(財務省提供)

会員限定記事会員サービス詳細