現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

hanashikaの時間。

噺家である証明 桂小春団治

桂小春団治さん
桂小春団治さん

長い新型コロナウイルス禍で、落語界も中止や休館などで打撃を被り、国の支援金を申請するなどしています。ところがこの支援金、フリーランスの仕事をしている人も対象となっているため、その仕事を本当にやっているかという証明が必要となります。

会社員の場合は社員証など、身分を明らかにする公の物がちゃんとありますが、われわれはいわば個人事業主なので、その証明を所属する上方落語協会に発行してもらったり、支援金をもらうのも一苦労です。

ところが昔、われわれ噺(はなし)家にも「遊芸稼ぎ人」という鑑札が国から発行されていたのです。「不動坊」という落語の中にもこの「遊芸稼ぎ人」が出てくるのですが、いわば芸人であるという証明書を国が発行し、芸人はそれを携行していたそうです。

ランキング

  1. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  2. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  3. 【産経抄】5月26日

  4. 【論壇時評】6月号 平成=ポスト冷戦からの脱却 文化部・磨井慎吾

  5. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  6. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  7. 【直球&曲球】葛城奈海 戦力たる自衛隊の憲法明記を

  8. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  9. 【主張】北のICBM発射 世界に弓引くのをやめよ

  10. 【オリンピズム】64年東京のいまを歩く(5)総理の娘は「疲労困パニオン」 良家の子女に訪れた疾風怒濤の日々

会員限定記事