新名神トンネル内で事故 20代母と1歳女児死亡

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

6日午後6時ごろ、大阪府茨木市車作(くるまつくり)の新名神高速道路下り線の竜王山トンネル内で、4人乗りの乗用車が側壁に衝突した。乗車していた男女3人が病院に搬送され、いずれも神戸市北区の職業不詳の女性(21)と1歳の女児が死亡した。2人は親子で、他に搬送された20代男性は軽傷とみられる。大阪府警高速隊が詳しい事故原因を調べている。

府警によると、亡くなった2人は車外に投げ出されており、運転していた20代の夫にけがはなかった。事故の直後に付近を走っていた車から「トンネル内で2人倒れている」と110番があった。軽傷の男性は友人だったという。

夫は「車線変更をしようとしてぶつかった」と説明。現場は片側2車線の直線で、乗用車が追い越し車線から走行車線へと車線変更しようとした際に左側の側壁に衝突したとみられる。

この事故で新名神高速道路は下り線の高槻インターチェンジ(IC)―茨木千提寺ICで約4時間、通行止めとなった。

会員限定記事会員サービス詳細