首相「非核三原則は国是。核共有は考えず」

参院予算委で答弁する岸田文雄首相=7日午前、国会・参院第一委員会室(矢島康弘撮影)
参院予算委で答弁する岸田文雄首相=7日午前、国会・参院第一委員会室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は7日の参院予算委員会で、非核三原則について「私の内閣としても国是として堅持をしている」と述べた。米国の核兵器を日本に配備し共同運用する「核共有」政策について「少なくとも非核三原則の『持ち込ませず』とは相いれない」としたうえで、「核共有について政府としては考えない。この結論は変わらない」と語った。立憲民主党の小西洋之氏への答弁。

一方、民主党政権下の平成22年に当時の岡田克也外相が「核の一時的寄港を認めないと日本の安全が守れない事態が発生すれば、その時の政権が命運を懸けて決断し国民に説明する」とした答弁を引き継ぐ考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細