首相、国民代表との「約束」否定 トリガー条項

参院予算委で答弁する岸田文雄首相=7日午前、国会・参院第一委員会室(矢島康弘撮影)
参院予算委で答弁する岸田文雄首相=7日午前、国会・参院第一委員会室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は7日の参院予算委員会で、ガソリン税の一部を軽減する「トリガー条項」の凍結解除をめぐり、国民民主党の玉木雄一郎代表との間に約束があるのかを問われ「予算委の場で発言した内容以上のことは何も約束はしていない」と明言した。立憲民主党の小西洋之氏への答弁。

首相は、燃料価格の高騰に対して激変緩和措置を取っていることを説明したうえで「今後さらに価格が高騰した場合には、今の対策の効果を見極め、何が効果的なのかあらゆる選択肢を排除せず検討する。約束しているのはそれに尽きている」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細