高木美は世界選手権2位 スピード、2度目Vならず

オールラウンド部門の女子1500メートルで滑走する高木美帆=ハーマル(共同)
オールラウンド部門の女子1500メートルで滑走する高木美帆=ハーマル(共同)

スピードスケートの世界選手権最終日は6日、ノルウェーのハーマルで4種目総合を争うオールラウンド部門が行われ、女子の高木美帆(日体大職)は2位となり、2018年以来2度目の優勝を逃した。

3種目目の1500メートルは1分55秒03の1位で、5日の500メートル、3000メートルと合わせて総合首位を守ったが、最後の5000メートルでイレーネ・スハウテン(オランダ)に逆転を許した。高木菜那(日本電産サンキョー)は総合7位、佐藤綾乃(ANA)は8位だった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細