川勝知事名で供花 公選法抵触の可能性 静岡県スポーツ協会

静岡県の川勝平太知事
静岡県の川勝平太知事

静岡県の川勝平太知事が会長を務める県スポーツ協会が、関係者の通夜に川勝氏の名前が入った供花をおくっていたことが7日、分かった。公職選挙法が禁じる「選挙区内への有権者の寄付」に当たる可能性があり、川勝氏は7日の知事定例記者会見で「監督責任を感じている。名前を書かないのはイロハのイだ。マニュアルがあるにもかかわらずミスが出た」と釈明した。川勝氏には事後報告だったといい、同協会に経緯を確認して今後の対応を検討するという。

3日に沼津市内で行われたスポーツ団体関係者の通夜での供花に「県スポーツ協会会長 川勝平太」と記された名札が付けられていた。関係者から指摘があり、4日の葬儀では名札を外した。

同協会では供花などは「会長名」でおくることになっていたという。同協会は取材に対し「お世話になった方(の通夜)だったので、丁寧にしようと名前を入れてしまった。こちらの認識不足」と陳謝した。

会員限定記事会員サービス詳細