現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

3月7日

兵庫県明石市に住む、60年来の小紙の読者であるTさん(80)とは、イカナゴの縁で知り合った。毎年3月の初旬に瀬戸内海では稚魚(シンコ)の漁が解禁になる。水揚げされたばかりのシンコを砂糖、しょうゆ、しょうがで炊き上げる「くぎ煮」は、春の風物詩である。

▼といった説明はもはや不要だろう。阪神大震災の発生した平成7年以来、全国に知られるようになった。被災者が復旧したばかりのガスで炊いたくぎ煮を県外の知人に送って、無事を知らせたからだ。

▼15年ほど前のコラムでイカナゴを取り上げると、Tさんから、お便りをいただくようになった。小欄が隣の神戸出身と分かると、故郷の味を送ってくださる。だがここ数年、ありがたさより心苦しさが先に立つ。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  2. 【産経抄】5月22日

  3. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  4. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

  5. 【主張】米韓首脳会談 北非核化へ攻勢に転じよ

  6. 【正論】近代的価値観は誕生以来、おそらく初めての根本的な挑戦を受けている 評論家・山崎正和

  7. 【主張】子供とスポーツ 体動かす環境大人が守れ

  8. 【主張】小6女児の自殺 SNS教育を総点検せよ

  9. 【産経抄】世界に衝撃を与えた血まみれの少年 8月22日

  10. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

会員限定記事