現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

世界の論点

新型コロナ進む規制緩和

フランス・パリのチュイルリー庭園を歩く人々。マスクをしない人が目立つ (ロイター)
フランス・パリのチュイルリー庭園を歩く人々。マスクをしない人が目立つ (ロイター)

新型コロナウイルスの感染拡大がピークを越えたとして、各国で「水際対策」や国内での行動規制などを緩和する動きが出ている。フランスでは緩和が歓迎されつつも、引き続き自主規制の必要性を訴える市民もおり、仏紙は安易な緩和に警鐘を鳴らした。一方、ピークを迎えていない中で緩和が進む韓国では、大統領選を控え、規制の長期化に対する国民の不満を解消したい政権与党の思惑を韓国紙が指摘した。

□フランス

ランキング

  1. 【浪速風】20円アップの衝撃

  2. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  3. 【主張】部活指導の暴力 外部の目が届く仕組みを

  4. 【産経抄】5月18日

  5. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  6. 【主張】旭川の中2凍死 いじめ放置許さぬ政策を

  7. 【主張】チェコ侵攻50年 ロシアの野望阻止へ動け

  8. 【正論】集団的自衛権は違憲といえるか 駒沢大学名誉教授・西修

  9. 【主張】深まる日EU安保 欧州へ海自派遣の検討を

  10. 【正論】拡大する自民族中心主義 孤立回避へ日本の外交力が試される 学習院大学学長・井上寿一

会員限定記事