渡部暁9位、リーベルV スキーW杯複合第18戦

後半距離をスタートする渡部暁斗(16)と山本涼太(17)=オスロ(共同)
後半距離をスタートする渡部暁斗(16)と山本涼太(17)=オスロ(共同)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合男子は6日、オスロで個人第18戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は9位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS134メートル)で118・5メートルの99・7点で16位にとどまったが、後半距離で順位を上げた。

飛躍2位のヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)が距離で逆転し、今季11勝目を挙げた。通算47勝目で、ハンヌ・マンニネン(フィンランド)の最多記録にあと1勝に迫った。

木村幸大(中大)が自己最高の13位と健闘。永井秀昭(岐阜日野自動車)は25位、山本涼太(長野日野自動車)は28位だった。飛躍7位の渡部善斗(北野建設)と同49位の谷地宙(早大)は後半距離を棄権した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細