フジテレビ4月期は7年ぶりの大改編「全ての時間帯に13の新番組が誕生」

撮影がスタートした「やんごとなき一族」。主演の土屋太鳳と松下洸平(C)フジテレビ
撮影がスタートした「やんごとなき一族」。主演の土屋太鳳と松下洸平(C)フジテレビ

フジテレビの4月期改編発表が7日、オンラインで開催された。

春の改編テーマは「目、新しい。」で「フジテレビは、新しくなります」と決意も新ただ。

中村百合子編成部長は「全日帯(移動、ミニ枠を除く)において新番組の数は13で7年ぶりの大改編。全ての時間帯に新番組が誕生する」と語った。

テーマに沿った新しい改編としては、5月1日から千鳥(大悟、ノブ)MCによる「千鳥の鬼レンチャン」(日曜後8・0)がスタート(初回は午後7時から3時間SP)。過去4回の特番を経てレギュラー化される。

「突然ですが占ってもいいですか?」は4月4日から月曜午後11時台に枠移動する。中村部長は「放送から2年になるが、女性からの強い視聴があり、月9との親和性も高いため移した」と説明する。

大きな目玉は、4月4日からスタートするフジテレビ昼の大型情報番組「ポップUP!」(月~金曜前11・45)。この日改編発表の進行も務めた佐野瑞樹、山崎夕貴の両アナウンサーがMCを担当する。

中村部長は「仕切る力、個性あふれる曜日パーソナリティーの方々との対応力も十分の両者による抜群のコンビネーションで長く愛される番組になるよう盛り上げていきたい」と話す。3時間の生放送で話題のスポット、商品、美容、ファッション、芸能人の意外な素顔などライフ、エンターテインメントを紹介していく。

情報番組のパーソナリティーに初挑戦する三浦翔平
情報番組のパーソナリティーに初挑戦する三浦翔平

俳優の三浦翔平(33)が情報番組のパーソナリティー(火曜)に初挑戦することも同日発表された。2018年に女優の桐谷美玲(32)と結婚。20年に授かった第1子の子育てにも奮闘中で、新米パパとしてのコメントも注目される。「エンタメに触れながら楽しいものを作ってくという企画意図に興味を持った。初めてのことにどんどんチャレンジしていこうと思っているので良いタイミングでお話をいただいた。さわやかにいきたい」と抱負を口にする。

ドラマも月9の綾瀬はるかをはじめ、全て同局初主演の俳優たちがそろう。4月14日スタートの木曜劇場「やんごとなき一族」(木曜後10・0)に主演する土屋太鳳(27)はこのほど、夫婦を演じる松下洸平(35)とともに仲良く都内でクランクインした。

庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公の佐都(さと、土屋)が、親族内の複雑な人間関係やしきたりに翻弄されながらも夫の健太(松下)と真正面から立ち向かう姿を描く。最初の撮影は、佐都が健太と一緒に嫁ぐ深山家へ向かう車中でのシーンだった。いよいよ“アフター・シンデレラ・ストーリー”が始まる。

また、アニメの「ノイタミナ」枠(木曜深夜0・55)で「うる星やつら」(高橋留美子作)がテレビアニメ化される。小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを4クールにわたり第1期として今年放送予定。また「よふかしのうた」(コトヤマ作)が7月から放送開始する。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細