スピードスケート世界選手権で高木美、総合首位発進

オールラウンド部門の女子500メートルで滑走する高木美帆=ハーマル(共同)
オールラウンド部門の女子500メートルで滑走する高木美帆=ハーマル(共同)

スピードスケートの世界選手権第3日は5日、ノルウェーのハーマルでオールラウンド部門が始まり、女子は北京冬季五輪でメダル4個を獲得した高木美帆(日体大職)が総合首位発進した。500メートルで38秒31の1位、3000メートルで4分2秒73の5位だった。 高木菜那(日本電産サンキョー)は総合4位、佐藤綾乃(ANA)は6位。6日(日本時間同日深夜)に1500メートルと5000メートルを行い、総合成績を争う。

男子500メートルは土屋陸が36秒40で2位、ウイリアムソン師円(ともに日本電産サンキョー)が5位、大林昌仁(福井県スポーツ協会)が7位につけた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細