ウクライナ 戦禍の街で

おびえる飼い犬 国は大きな「蟻塚」

砲撃が止んでいる時間に、アニメ「鬼滅の刃」を見る息子=ウクライナ・キエフ(ユーリア・クリメンコさん提供)
砲撃が止んでいる時間に、アニメ「鬼滅の刃」を見る息子=ウクライナ・キエフ(ユーリア・クリメンコさん提供)

3月5日

今日はほとんど砲撃がなかった。息子のセウェリン(8)は地下のシェルターに逃げ込むことなく、落ち着いて、自分の部屋でアニメの「鬼滅の刃」を見ていた。

私の2人の親友は、子供たちを連れてキエフから西部のリビウに避難できた。これで彼女たちのことを心配しなくていいから、安心だ。

先日書いた友人の母親は避難列車でハリコフを離れることができたそうだ。線路が爆破され、危険な場所が多いので、平時の3倍くらい時間がかかる。彼女は寒空の下、6時間もホームで列車を待っていた。車内はラッシュアワーのように混んでいて、12~16時間くらい立ったまま乗らなければならない。大人はもちろん、子供もお年寄りも席が足りなくて立たなければならない。

避難民はみんな、とても疲れていて、足が痛いそうだ。車内に入りきらないので、荷物もほとんど持っていけない。

悪いニュースも入ってきた。マリウポリから民間人を退去させることでロシアと合意したはずなのに、激しい砲撃を受け、街にはインフラがまったくない。食料、医薬品、水、電気、暖房がなく、住民は地下に座り込んでいる。避難民が集まる場所にもミサイルが発射され、かなりひどい状況だ。住民は避難できなかった。

キエフ州当局とボランティアは、キエフ郊外のイルピンやブチャにいる住民の避難を支援しようとしている。近くのボロディヤンカに住んでいる友達は電気がないため、近隣住民と一緒に一つの民家で共同生活をすることになった。車のガソリンタンクを空にして、発電機を満タンにしたそうだ。一つの家を暖め、照らすために。

わが国は今、大きな「蟻塚(ありづか)」のような状態だ。一見無秩序だが、全員が共通の課題に向けて邁進(まいしん)している。「マイダン」(注・2014年の親露派政権に対する民主化運動)のときもそうだった。

当局ができないことはボランティアがやる。ペットを残して避難した飼い主からの依頼で、アパートのドアに穴を開け、その穴から餌や水を与えるボランティアチームも存在する。

飼い犬は爆撃の音が聞こえるといつも家具の下に隠れておびえている=ウクライナ・キエフ(ユーリアさん提供)
飼い犬は爆撃の音が聞こえるといつも家具の下に隠れておびえている=ウクライナ・キエフ(ユーリアさん提供)

私は今日、野良ネコに餌やりに行ったが、砲撃を恐れて隠れてしまう。うちの飼い犬も、爆音が聞こえるといつも、テーブルの下に隠れている。

キエフ郊外から、ユーリア・クリメンコ=IT会社勤務。夫と息子、両親と暮らす。大学で日本語を専攻、留学経験もある。

随時掲載(内容を一部加筆・修正しています)

会員限定記事会員サービス詳細