日本のラグジュアリー、日本の高級車 新型レクサスLC500h試乗記

一部改良を受けたレクサスのフラグシップクーペ「LC」のうち、ハイブッド仕様である「LC500h」に今尾直樹が試乗した。“和製GT”の実力とは?

リッチな1台

レクサスを象徴するラグジュアリー・クーペとして2017年3月に国内発売となったLCは、そのグラマラスで流麗なスタリングと、5.0リッターV8、もしくは3.5リッターV6+モーターのハイブリッドによる圧倒的な高性能でもって存在感を放ち続けている。

私もデビューしたばかりの頃、思い出すなぁ。(以下、フィクション)

たまさかLC500に知り合いを隣に乗せて、ドアを閉め、ラクダ色のレザーとアルカンターラで覆われたゴージャスな小部屋にふたりきりになったときの自分の感情の変化というものを。V8の鼓動を聴きながら走り始めたときの名状しがたいセクシーなムードを。

このままどこかにドライブに行き、海の見えるホテルかなんかのレストランでお食事をし、ワインなんか傾けちゃったりする。自宅は松濤にあって、ガレージにはほかにもいろいろ並んでいて、LCはそのなかの1台なんだけど、つい乗っちゃうんだよ。と、つぶやく。

やがて太陽が真っ赤な夕焼けとともに沈むと、レストランのガラスの向こうは闇に包まれ、海も景色もなにも見えなくなる。ここではない、別の世界、真っ暗な世界が広がっている。ああ。なにもかも捨てて、あちらの世界に行ってしまいたい……

というような小説の世界というか“リッチなライフ”の断片を、ほんの一瞬のうちに想像させたことを。

こんな国産車、レクサスLCをおいてほかにはないのではありますまいか。

そのLCもレクサスの常で小改良をチョコチョコ受けており、昨年秋には外装色に若干の変更があったほか、クーペ・モデルのサスペンション・セッティングを最適化し、運動性能のさらなる進化が図られた。LCはレクサス全モデル・ラインナップの乗り味を方向づけている1台であり、レクサスにとって、その先を照らす灯台のような、きわめて重要な存在である。当然、乗って確かめてみるべきでしょう。

会員限定記事会員サービス詳細