飛行禁止区域、設定を要求 NATOにウクライナ外相

ウクライナのクレバ外相(国連提供)
ウクライナのクレバ外相(国連提供)

ブリンケン米国務長官とウクライナのクレバ外相は5日、ウクライナとポーランドの国境付近で会談した。クレバ氏は会談後、記者団に対し、制空権を失えばロシア軍の攻撃で多大な犠牲が出ると指摘。北大西洋条約機構(NATO)が拒否したウクライナ上空の飛行禁止区域設定を「求め続ける」と強調した。米国務省が発表した。

クレバ氏はロシアへの圧力を強める必要があると指摘。NATOの姿勢について「弱さの表れだ。代償を払うのはウクライナ国民だ」と批判した。同席したブリンケン氏は各国と協調してウクライナ支援を拡充する考えを表明したが、飛行禁止区域には言及しなかった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細