未来を先取り 新型ヒョンデ・アイオニック5試乗記

世界中で大人気

電気自動車に食指が動いているなら、有力候補になりそうな1台として勧めたいのがアイオニック5だ。韓国の大企業、ヒョンデ(現代自動車)が満を持して放ったピュアEVである。

ヒョンデのピュアEV専用ブランドとして開発された「アイオニック」。その第1弾たる「5」は、すこし前に、韓国はもとより欧米で先行発売されていて、たとえばドイツでは大きなバックオーダーを抱えているとか。じっさいに、ドライブ・フィールはかなりよい。

日本法人であるヒョンデ・モーターカンパニーが、2022年2月8日に日本市場への投入を発表し、5月から受注開始されるアイオニック5。スタイリッシュなハッチバックスタイルと、パワフルなモーター、快適な室内空間……と、みるべきところが多い。

受注に先だって、ジャーナリストを対象に開催された試乗会。小田原と箱根のあいだを好きに走ってほしい、と「サイバーグレーメタリック」なる車体色の「アイオニック5ラウンジ」をあずけられた。

アイオニック5は、ふたつのドライブトレインが用意されている。リアモーター1基で後輪を駆動する仕様と、フロントにもう1基モーターを搭載して、コーナリングや滑りやすい路面などいざというときは前輪を駆動するオンデマンド型4WDだ。

今回の「ラウンジ」は、シングルモーターの後輪駆動モデル。72.6kWhのバッテリーを搭載し、160kWの最高出力と350Nmの最大トルクを発生。ボディは全長4635mmと、東京など市街地で扱いやすいサイズだ。

走りが楽しい!

走りだしからパワフルで、加速はめざましい。ピュアEVの面目躍如だ。世界的に評価が高いヒョンデのプロダクトとして、私が期待していたとおりの出来映えである。

重心高は低く抑えられているようで、コーナリングは、気持ちよい、操舵感がやや重めの、小径でかつ太巻きグリップのステアリング・ホイールを操作して、箱根の山道を走ったところ、ボディの重量も感じさせず、コーナーがきつくても、すっとノーズを内側に向けていく。

会員限定記事会員サービス詳細