米長官、プーチン氏に皮肉 経済悪化「計画なら順調」

ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)
ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)

ブリンケン米国務長官は4日、ロシアのプーチン大統領がウクライナの軍事作戦は計画通りだと主張したことについて「世界が反ロシアで結束し、ロシア経済が急降下することも計画だったのなら、うまくいっている」と痛烈に皮肉った。ブリュッセルで記者会見した。

ブリンケン氏はウクライナ人が自国防衛のために奮い立ち、国連加盟141カ国がロシアを非難し、多くのロシア人が侵攻に抗議する事態をプーチン氏は想像できなかったはずだと指摘。プーチン氏が侵攻を決断したことで、米国の同盟・友好国が「かつてないほど緊密に連携するようになった」と強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細