現存最古の古事記、里帰り 名古屋・大須観音で限定公開

名古屋市の大須観音で一般公開された国宝「古事記」の写本=5日午前
名古屋市の大須観音で一般公開された国宝「古事記」の写本=5日午前

日本最古の歴史書「古事記」の現存最古の国宝写本が5日、所有する大須観音(名古屋市)で初めて一般公開された。普段は名古屋市博物館が保管している。写本ができてから650年を記念し、この日限定で里帰り公開が実現した。

写本は南北朝時代の1371年から翌年にかけ、大須観音2代目住職信瑜の指示で僧侶の賢瑜が書き写した。上中下3巻全てがそろい、既に失われた原本の面影を最も残しているとされる。大須観音の寺号「真福寺宝生院」から「真福寺本」とも呼ばれる。大きさは縦23・3センチ、横14・7センチ。

名古屋市の大須観音で一般公開された「古事記」の写本を見る人たち=5日午前
名古屋市の大須観音で一般公開された「古事記」の写本を見る人たち=5日午前

岡部快円住職(72)は「貴重な史料が、歴代の多くの人の力で今ここにあることを知ってもらいたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細