飛行禁止区域設定を拒否 NATO、ウクライナ要請

NATOのストルテンベルグ事務総長(左)とブリンケン米国務長官(AP)
NATOのストルテンベルグ事務総長(左)とブリンケン米国務長官(AP)

北大西洋条約機構(NATO)は4日、ブリュッセルの本部で緊急の外相会合を開き、NATOがウクライナ上空に飛行禁止区域を設定せず、同国に部隊も派遣しないことで一致した。ストルテンベルグ事務総長が終了後の記者会見で明らかにした。飛行禁止区域の設定はウクライナがNATOに求めていたが、それを拒否した形。

飛行禁止区域を設定すれば、ロシアの戦闘機がウクライナ上空に入らないようにNATOが戦闘機を投入して警戒し、場合によっては撃墜する必要が生じる。ストルテンベルグ氏は「そんなことをすれば欧州で本格的な戦争が起き、より多くの国が巻き込まれ、多くの人々が苦しむことになる」と説明した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細