関東で「春一番」 昨年より29日遅く

3月5日午後1時現在の気象衛星「ひまわり」の雲画像
3月5日午後1時現在の気象衛星「ひまわり」の雲画像

気象庁は5日、関東で「春一番」が吹いたと発表した。昨年より29日遅い。午後2時までの最大瞬間風速は千葉市で南南西の風15・4メートル、横浜市で同14・2メートル、東京都心部で南の風13・9メートルを観測した。

気象庁によると、発達中の低気圧が日本海から北日本に進み、関東では南部を中心に南寄りの風が強まった。

春一番の発表基準は地方で異なる。関東では立春から春分までの間、日本海に低気圧があり、毎秒8メートル以上の強い南風が吹いて気温が上昇すると発表される。

昨年は2月4日で、統計を開始した昭和26年以降で最も早い記録だった。

会員限定記事会員サービス詳細