最も書きにくいひらがな 自由研究で特別賞

自由研究で色分けした五十音表を指さす吉田璃華さん(松沢真美撮影)
自由研究で色分けした五十音表を指さす吉田璃華さん(松沢真美撮影)

最も書きにくいひらがなって? ひらがなの難しさを点数化した自由研究で、宇都宮大付属小(宇都宮市)1年生の吉田璃華(りか)さん(7)が、一般財団法人理数教育研究所主催の「第9回算数・数学の自由研究」作品コンクール中央審査委員特別賞を受賞した。画数と点画(てんかく)で難しさを点数化するというユニークな発想が評価された。

昨年12月に審査が行われた同コンクールは、全国から小中高生の作品1万7429点の応募が寄せられ、吉田さんは最優秀賞、優秀賞に次ぐ特別賞の上位14人に選ばれた。

吉田さんの研究テーマは「いちばんむずかしいひらがなはどれ?」。小学1年生になってひらがなを習った吉田さんは、ひらがなの中で上手に書ける文字と書けない文字があることから、難しさを調べてみようと夏休みの自由課題で取り組むことを決めた。

絵や国語が得意という吉田さん。文字を構成する線に着目し、画数と点画によって点数化し、合計点を出す方法を考えた。画数ごとに1点としたほか「折れ」「曲がり」「結び」の点画を自分の言葉に置き換え、「ジグザグ」は1点、「フワフワ」は2点、「クルクル」は3点とした。

例えば「あ」は画数3+ジグザク0+フワフワ2+クルクル3=8点。同じようにして、すべてのひらがなの点数を出したところ、結果は1番簡単な文字は2点の「く」「へ」、難しいひらがなは吉田さんも書くのが苦手な「ぬ」の10点だったという。

吉田さんはこれらの結果の一覧を作成。ひらがなの五十音表を用い、1文字ずつ画数と点画の合計点を計算して表に記した。各文字の点画がはっきり区別できるよう青、黄、赤で色分けをするなど工夫した。

「ひらがなを点数で表すことで、書くのが簡単な文字や難しい文字を分かりやすくすることができた」と吉田さん。簡単でもバランスが難しいことなど、研究結果の考察もまとめた。特別賞受賞は「頑張ったのでうれしい」とにっこり。

吉田さんの自由研究は、同コンクールの講評で「とてもかわいい、でも奥深い作品。ひらがなの難しさを点数化するのは新しくて、すてきな発想。文字の形の背後にもさまざまな算数が隠れている」と斬新な視点が評価された。吉田さんは「2年生になったらカタカナや漢字も同じように計算できるか挑戦してみたい」と話している。(松沢真美)

会員限定記事会員サービス詳細