「殺すぞ」「駄目人間」 神戸大准教授2人をアカハラで処分

神戸大学
神戸大学

神戸大は4日、指導する学生に「殺すぞ」「駄目な人間や」と暴言を浴びせ、人格を否定するアカデミックハラスメントをしたなどとして、いずれも40代の男性准教授2人を停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。事実関係を認めているという。

神戸大によると、1人は昨年1月、ミーティングを無断欠席した学生に「すいませんじゃねえぞ、こら。殺すぞ」などと怒鳴りながら椅子を蹴飛ばした。

もう1人は平成25年~令和2年、複数の学生に「幼稚すぎて指導するレベルに達していない」「君は完全に駄目な人間や」などと人格を否定する発言をした。大学側は准教授に指導の態度を改めるよう、複数回注意したが改善されなかった。体調不良を訴える学生もいたという。

神戸大は「誠に遺憾であり、再発防止に万全を期したい」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細