長野放送・アナウンサーコラム

大谷香奈絵「『幸せ』の見つけ方」

大谷香奈絵アナウンサー
大谷香奈絵アナウンサー

荷物を整理していると大量の日記が出てきました。その数150冊ほど。記念すべき1冊目は、幼稚園の年長時に母が買ってきてくれたキティちゃんの絵日記帳。初めて買ってもらった水着、横で泣いている妹の絵。踊っている字…。そうだ、このノートがうれしくて、毎日とびっきり心がキラキラした時間を書き留めていたっけ…。

ふと、「幸せは意識的に見つける」という言葉を思い出しました。

先日ニュースで取材した、北欧から松本に移住したフリーライターの桑原さやかさんの言葉です。北欧の考えにならい、子育てや仕事に忙しい中、意識的にゆったりした時間を持ち、お菓子を作ったり、手作りのサウナで温まったりして、「幸せだな~」「心地よいな~」という感情を意識して味わっているそうなのです。

流れてしまいがちな時間や感情も、ちょっと意識するだけで、宝物になる。

日記に書き留めるように、小さな幸せの瞬間を心にきちんと刻んでいけたら。そして、そのひとときを子供たちとも共有できたら…。新年度を前に、文字が書けるようになった娘と交換日記を始めてみようかなと思っています。

会員限定記事会員サービス詳細