現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

3月4日

裁判官が判決を言い渡した後、被告人に語り掛ける言葉を「説諭」という。平成13年に東京都内の地下鉄の駅構内で銀行員を暴行、死亡させた少年2人の判決公判でのそれは、とりわけ話題となった。

▼「さだまさしの『償い』という歌を聴いたことがあるだろうか。せめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないのかわかるだろう」。交通事故で男性を死なせた若者が少ない給料の中から男性の妻に送金を続ける。やがて謝罪を受け入れた妻から手紙を受け取る。歌はこんな内容だ。「判決で決着がついたのではなく、心の部分の反省を促したのではないか」。さださんはコメントしていた。

▼会員制交流サイト(SNS)への投稿で、裁判当事者を傷つけたとして訴追された仙台高裁の岡口基一判事(56)の弾劾裁判が始まった。「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に無惨にも殺されてしまった17歳の女性」。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  3. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  4. 【産経抄】5月21日

  5. 【経済プリズム】石油代替の新燃料 エネ調達網、技術力で強靱化 経済部編集委員・高橋俊一

  6. 【野口健の直球&曲球】栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…

  7. 【産経抄】オイコノミコス 1月28日

  8. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  9. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  10. 【主張】憲法施行75年 改正し国民守る態勢築け 「9条」こそ一丁目一番地だ

会員限定記事