DV・リベンジポルノ相談 過去最多

警察庁などが入る合同庁舎=東京都千代田区
警察庁などが入る合同庁舎=東京都千代田区

令和3年に全国の警察でドメスティックバイオレンス(DV)の相談が8万3042件あったことが3日、警察庁の統計(確定値)で分かった。前年に比べ399件増え、平成13年のDV防止法施行後の最多を更新した。

ストーカーの相談は1万9728件で、前年より461件減少したが、ほぼ横ばいで推移。令和3年8月施行の改正ストーカー規制法で禁止された衛星利用測位システム(GPS)機器を悪用したケースは、施行後で延べ152件だった。

警察庁の担当者は新型コロナウイルス禍の影響で「DVやストーカー事案が潜在化、深刻化している恐れがある」と話している。

復讐のために相手の裸の写真などを流出させるリベンジポルノの相談は1628件で最多を更新。被害者と加害者がインターネット上で知り合った事案が2割を占めた。


会員限定記事会員サービス詳細