ウクライナ大使、面会問題でツイート 後に削除

インタビューに答えるウクライナのコルスンスキー駐日大使=3日午前、東京都港区の在日ウクライナ大使館(寺河内美奈撮影)

ウクライナのコルスンスキー駐日大使は3日、自身のツイッターで、林芳正外相に対する面会要請が約1カ月放置されたとの指摘について「いいえ、林さんの反応はとても速かったです」と投稿した。一方で「(コルスンスキー氏と)会いたくなかったのは副大臣の鈴木さんです」とした。鈴木貴子外務副大臣を指しているとみられる。

鈴木氏に言及したコルスンスキー氏のツイートは、その後削除されている。

コルスンスキー氏と林氏との面会をめぐっては、国民民主党の川合孝典氏が2日の参院予算委員会で、コルスンスキー氏が面会要請して以降、約1カ月間実現しなかったと指摘。林氏は「私自身は大使からの面会要望は承知していなかった」と答弁していた。

林氏は2日、コルスンスキー氏と面会し、「国家の主権と独立のために奮闘されているウクライナ国民に心からの敬意を表する」と表明。ロシアの侵略による犠牲者に弔意を伝えたほか、1億ドルの緊急人道支援などについて説明した。これに対し、コルスンスキー氏は深い感謝の意とさらなる協力への期待を表明した。

※3/4 16:45 編集部注:「鈴木氏に言及したコルスンスキー氏のツイートは、その後削除されている。」という一文を追記しました。

※3/8 18:05 編集部注:コルスンスキー大使のツイートが削除されたことを踏まえ、記事の見出しを変更しました。

>駐日ウクライナ大使 露侵攻は「ジェノサイド」 日本の対応に謝意



©2020-2022 The Sankei Shimbun. All rights reserved.