ジャンプ高梨がW杯復帰へ 五輪の混合団体後、初実戦

高梨沙羅
高梨沙羅

全日本スキー連盟(SAJ)は2日、ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が同日夜(日本時間3日未明)にリレハンメルで開催されるワールドカップ(W杯)個人第14戦から出場すると発表した。スーツの規定違反で失格となった2月7日の北京冬季五輪の混合団体後、初の実戦となる。

日本が4位だった混合団体後、高梨が自身のインスタグラムで謝罪すると、励ましの声が相次いだ。高梨は五輪の競技終了後、日本に戻らず渡欧して別調整しており、SAJは2月24日に「今後の大会出場は未定」と発表。同25~27日にオーストリアのヒンツェンバッハで開かれた五輪後初のW杯は欠場していた。

会員限定記事会員サービス詳細