「非核三原則をゆるがせにしてはならない」公明・山口氏

公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)
公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)

公明党の山口那津男代表は2日の党会合で、米国の核兵器を自国領土内に配備して共同運用する「核共有(ニュークリア・シェアリング)」に否定的な見解を示した。「核兵器は廃絶を目指してしっかりとした主張をしていかなければならない。そのためにわが国が国是として作り上げたのは、非核三原則だ」と述べたうえで「いろんな意見が出てきているが、この三原則をゆるがせにしてはならない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細