桜開花、平年並み予想 20日東京から全国へ

今年のソメイヨシノは全国に先駆けて20日に東京都心部で開花し、21日に福岡、広島両市と続きそうだ
今年のソメイヨシノは全国に先駆けて20日に東京都心部で開花し、21日に福岡、広島両市と続きそうだ

民間気象会社ウェザーニューズ(千葉市)は2日、今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。全国に先駆けて20日に東京都心部で開花し、21日に福岡、広島両市と続く。西・東日本は平年並みで3月中にはほとんどの都市で開花し、北海道や東北に範囲が広がる見込み。

同社によると、今年は2月の寒さが影響し、記録的な早さで開花した昨年に比べると遅くなりそうだ。一方で、3月以降の気温は平年より高い見通しで、桜のつぼみの生育を後押しするという。

東京都心部や福岡、広島両市で開花した後、23日に名古屋、24日に高知、26日に大阪、27日に鹿児島、31日に金沢の各市が続く。4月に入ると、3日に仙台、7日に長野と新潟、8日に秋田、15日に青森、23日に札幌の各市に広がり、標本木がエゾヤマザクラの北海道釧路市では5月8日の開花を予想している。

会員限定記事会員サービス詳細