大阪・寝屋川刺殺 凶器見つからず 逃げた男らの行方追う

現場に手向けられた花束=3月2日、大阪府寝屋川市(恵守乾撮影)
現場に手向けられた花束=3月2日、大阪府寝屋川市(恵守乾撮影)

1日午後11時55分ごろ、大阪府寝屋川市楠根南町の美容室敷地内で、「4~5人くらいがけんかをしており、若い男性1人が倒れている」と近くに住む住民の女性から110番があった。大阪府警寝屋川署員が駆けつけたところ、背中に刃物で刺された傷がある男性を発見、搬送先の病院で死亡が確認された。付近の防犯カメラには男性が3人ともみ合う様子が写っており、同署は3人が男性を刺して逃走したとみて、殺人事件として捜査している。

同署などによると、死亡したのは寝屋川市新家の職業不詳、吉村竜さん(20)。背中に約5センチの刺し傷があり、血を流してあおむけに倒れていた。付近の防犯カメラを調べたところ、3人が吉村さんを殴るような様子が写っていた。3人のうち1人はパーカーを着用していたという。現場から凶器などは見つかっていない。同署は何らかのトラブルがあったとみて、逃げた3人の行方を追っている。

近くに住む男性(61)は「午後11時半ごろから、複数の若い男性が1人を問い詰め、弁明しているような話し声が聞こえた。15~20分ぐらい続いたと思う。直接様子を見たわけではないので、何が起きたのか分からなかった」と戸惑った様子で話していた。

現場は京阪寝屋川市駅から南東に約1・5キロの住宅街。

会員限定記事会員サービス詳細