コロナ感染新たに789人 群馬、高齢男性2人死亡

群馬県庁=前橋市(柳原一哉撮影)
群馬県庁=前橋市(柳原一哉撮影)

群馬県などは2日、新たに789人(疑似症患者13人)の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。また、県内の医療機関に入院中の80代と90代の男性2人がコロナ感染症のため死亡し、県内の死亡者数は計251人に増えた。

789人の管轄別内訳は県が548人(保健所別=館林112人、太田107人、伊勢崎106人、桐生83人、渋川44人、利根沼田30人、安中16人、藤岡15人、吾妻13人、県外12人、富岡10人)、前橋市104人、高崎市137人で、累計は5万3171人(同466人)になった。

一方、利根沼田保健所管内の保育施設で新たなクラスター(感染者集団)が発生し、園児13人、職員3人の計16人が集団感染した。

会員限定記事会員サービス詳細