ロシア協会を資格停止、国際試合なども禁止 ワールドラグビー

国際統括団体ワールドラグビー(WR)は2月28日、ロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシア協会を無期限で資格停止にすると発表した。またロシアとベラルーシについて代表、クラブチームとも国際試合などの対外活動を禁止するとした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細