浪速風

日本を守るのは日本

だからこそ北大西洋条約機構(NATO)加盟に動いたのだ―。ウクライナの人たちは今、心の底から叫びたいに違いない。軍事大国ロシアが、NATO加盟を阻止するために軍事小国ウクライナに侵攻し、軍事力の格差を楽しむように殺戮・破壊を行っている

▶ウクライナは軍事同盟国を持たない。国連軍を頼ろうにも、相手は安保理で拒否権を持つロシアだから期待はできない。要は、どこからも加勢はない。これがNATO加盟後なら、こんな悲劇はなかっただろう。いや、今回の戦争で注目すべきはプーチン大統領が、加勢する国には核兵器の使用も示唆した点だ。これで国際社会の腰が引けた観はないか

▶もし、と考えてみる。中国が台湾・尖閣をねらってロシアと同じことをしたら、米国という同盟国を持つ日本はウクライナのようにならないか。中国の核の脅威に米国は立ち向かってくれるか。日本を守るのは日本、という安保を考える時に来ている。

会員限定記事会員サービス詳細