監禁致死疑いで母ら再逮捕へ 岡山女児虐待

1月に6歳で死亡した岡山市北区の西田真愛(まお)ちゃんへの虐待事件で、真愛ちゃんを布団で巻いて窒息させ死なせた疑いがあるとして、岡山県警が逮捕監禁致死容疑で、母親の彩(あや)容疑者(34)と交際相手の船橋誠二容疑者(38)を勾留期限の2日にも再逮捕する方針を固めたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。2人は強要容疑で逮捕されている。

県警によると、真愛ちゃんは昨年9月25日に救急搬送されて脳死状態になり、今年1月12日に亡くなった。

捜査関係者によると、119番した彩容疑者が「娘が布団にくるまって倒れている」などと説明。両容疑者が共謀し、真愛ちゃんを布団で巻き、押し入れに入れて窒息させ、低酸素脳症で死亡させた疑いが持たれている。

会員限定記事会員サービス詳細