現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

経営者列伝

急成長の国家資格オンライン教育 元教師が起業した理由

SATの二見哲史社長(南雲都撮影)
SATの二見哲史社長(南雲都撮影)

現場・技術系資格に特化した通信教育や教材づくりを手掛けるベンチャー企業、SAT(サット=大阪府吹田市)の二見哲史(ふたみ・さとし)代表取締役(45)は、元中学教諭という異色の経歴の持ち主だ。二見氏は、少子化で若者が少なくなる中、働き手確保のために外国人を受け入れなければならないと指摘した上で、さまざまな外国語の字幕をつけた通信教育講座を展開する方針を明らかにした。「外国人が安心して働ける環境をつくることが、巡り巡って日本のためになる」と語った。

 図表をふんだんに採用したカラフルなSATのテキスト(SAT提供)
図表をふんだんに採用したカラフルなSATのテキスト(SAT提供)

--SATの起業は平成25年。どんな会社なのか

「まず、電気工事士や建築士など技術系国家資格の試験対策の通信教育を展開しています。もう一つは、労働災害防止のために事業者が従業員に受講させなければならない『特別教育』の通信講座も手掛けています」

--こうした技術系の講座はこれまでなかったのか

ランキング

  1. 「このうまさ、気持ち高まる!」照英さんが体験 “アサヒドライゼロ”のドライなノドごしとビールのような飲みごたえ[Sponsored]

  2. 幹部逮捕「遺憾で残念」 鈴木財務相が陳謝

  3. 労働保険の電子申請 メリット多く簡単、今年こそ利用開始を[Sponsored]

  4. 中国、カナダのファーウェイ排除に「でっちあげ」と反発

  5. 暴行容疑の小野容疑者、「次官コース」の財務省幹部

  6. SMBCダイレクトでまた不具合 4月にもATMなどでシステム障害

  7. 楽天「0円」廃止で競争活発化 草刈り場に

  8. 3大損保 過去最高益更新 自然災害少なく コロナ禍回復

  9. カナダ、5G通信網からファーウェイなど排除 米欧に追随

  10. PTAの“古い”運営変える「LINE WORKS」 明るく効率的なコミュニケーションが「大変」「面倒」のイメージ覆す[Sponsored]

会員限定記事