ロシア勢の国際大会除外要求 ウクライナの選手や団体

IOCのバッハ会長(共同)
IOCのバッハ会長(共同)

ロシアの侵攻を受けたウクライナのスポーツ選手、競技団体が27日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長に文書を送り、ロシアと攻撃に協力したベラルーシの選手を3月4日開幕の北京冬季パラリンピックを含む全ての国際大会から除外するよう求めた。

両国のオリンピック委員会、パラリンピック委員会の即時資格停止も要求。「明らかな五輪、パラ憲章違反で厳しい制裁が必要だ。迅速な行動を拒めば両国の侵略行為に加担する」と訴えた。

スポーツ選手の権利向上を目指す支援団体「グローバル・アスリート」が公開した合同要望書によると、ロシアやベラルーシを含む世界各国のアスリート、団体が賛同。さらなる支援を五輪、パラ選手に呼び掛けた。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細