ロシアに徹底抗戦表明 ウクライナ大統領

ロシアの侵攻を受けたウクライナのゼレンスキー大統領は26日「国を解放するまで戦い続ける」と述べ、徹底抗戦を表明した。地元通信社が伝えた。また、グテレス国連事務総長と同日電話会談し、ロシアの行為を「ウクライナ人へのジェノサイド(民族大量虐殺)」だと非難、国連安全保障理事会での投票権を剝奪すべきだと訴えた。自身のツイッターで明らかにした。

国連によると、グテレス氏は電話会談で、ウクライナ国民への人道支援を拡充する意向を伝達。国連は近く、緊急人道支援のための資金拠出を国際社会に呼び掛ける。

タス通信によると、ゼレンスキー氏はトルコのエルドアン大統領やアゼルバイジャンのアリエフ大統領らと相次いで電話会談した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細