仏も露航空機に領空閉鎖 EUで共通方針を協議へ

フランスのドジェバリ交通担当相は27日、ロシアのウクライナ侵攻への対抗措置として、同日夜からロシアの航空機に対して領空を閉鎖し、通過や着陸を禁止する方針を発表した。

既にドイツやイタリア、ベルギーなどが同様の措置を発表している。フランスのメディアによると、イタリアのディマイオ外相は、欧州連合(EU)共通の措置とするよう主張。27日開催のEU臨時外相理事会で協議するとみられる。

英国は24日に発表した対ロ制裁にアエロフロート・ロシア航空の英発着禁止を盛り込んだ。ロシアは英国の航空会社による領空通過と着陸を禁止する報復措置を取った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細