スウェーデンも対戦拒否 ロのウクライナ侵攻受け

ロシアのウクライナ侵攻を受け、スウェーデン・サッカー協会は26日、ワールドカップ(W杯)カタール大会欧州予選プレーオフで顔を合わせる可能性があるロシアとの対戦を拒否すると発表した。ポーランドも対戦拒否の意向を示している。

プレーオフは3月24日にロシア―ポーランドを実施。スウェーデンはチェコとの試合に勝てば、同29日にロシアと対戦する可能性がある。チェコを合わせた3協会は今月24日に国際サッカー連盟(FIFA)に開催地変更を要求。スウェーデン協会は「ロシアが参加する3月のプレーオフの中止をFIFAに求める」とさらに踏み込んだ。

ドイツ2部リーグで板倉滉が所属するシャルケはユニホームの胸の部分にあったロシアのガスプロム社のロゴを外して代わりにクラブ名を入れ、26日に行われた敵地での試合に臨んだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細