ロシア国債、制裁で格下げ S&P、投機的水準に

格付け会社S&Pグローバルは25日、ロシア国債の信用格付けを引き下げると発表した。欧米各国が科す経済制裁の影響でロシアの金融市場は混乱が見込まれ、投機的水準とした。ウクライナ国債の格下げも決めた。

ロシアの外貨建ての長期債務格付けを1段階引き下げ、従来の「トリプルBマイナス」から「ダブルBプラス」とした。今後の状況を踏まえ、さらに引き下げる可能性もあるという。

S&Pは声明で「ロシアへの経済制裁が同国の経済活動や貿易に大きな影響を与えかねない」と表明した。(ロンドン 共同)

会員限定記事会員サービス詳細